緑内障

緑内障は、視覚障害原因の上位の疾患です
緑内障の眼底写真緑内障は自覚症状がほとんどありませんが、成人の失明原因の上位となっている病気でもあります。一度進行すると元に戻らないので、早期発見が第一です。40歳以上の方や血縁者に緑内障の人がいる場合(緑内障は遺伝の傾向が見られます)は、定期的な眼底検査をするようにしましょう。

資料:中江公裕・他 わが国における視覚障害の現状.網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究 平成17年度報告書(厚生労働省難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症に関する研究班)263〜267 2005
視神経乳頭が眼圧で押し潰され、視神経が正常に機能しなくなる病気です
緑内障の視野の変化の図眼圧は眼の中を流れている「房水」の量で変化します。眼の中の排水部分が詰まったりして房水の流れが妨げられると眼圧が上がり、視神経を圧迫します。視神経の束である視神経乳頭が押しつぶされる(医学的には「陥凹」と言います)と、視覚障害が起こります。(視神経乳頭の強さは人それぞれ異なるとされており、眼圧が正常でも視神経乳頭の陥凹が起こることがあります。)

視力障害で最も多いのは視野異常です。緑内障の進行とともに見えない範囲が広がっていきます。

当院で緑内障の治療が可能です

基本的にはお薬での治療です
緑内障は一旦発症すると元に戻すことはできないため、進行を遅らせるお薬での治療となります。基本的には、ご自宅で点眼薬による治療となります。進行すると手術治療が必要となる場合もあります。通院は、眼圧を測るために月に一度、また視野検査は半年に1度程度です。
Q.自覚症状はありますか?
9割以上の方は自覚症状が乏しく、末期になって見えづらい、と気づくことが多いです。
Q.目が緑色になるのですか?
なりません。緑内障は見た目での変化はありません。
Q.どんな治療法がありますか?
基本的に、欠けてしまった視野を戻すことは出来ないため、進行を遅らせるお薬(点眼薬)での治療となります。手術が必要な場合もありますが、その場合は医師よりご説明します。
Q.手術が必要ですか?
点眼薬での眼圧コントロールが良好でない場合、手術になる場合があります。
Q.手術は入院が必要ですか?
緑内障の手術は入院が必要です。
Q.手術してもらう病院はどこがいいですか?
当院の連携医療機関をご紹介しています。
Q.緑内障が発覚するのはどんな時ですか?
人間ドックで視神経の異常を指摘されるケースや、コンタクトレンズを作るときの検査で分かることもあります。
医療機関名 ひとみ眼科クリニック
医療機関所在地 185-0021
東京都国分寺市南町3-1-28-2F
アクセス JR 中央本線 国分寺駅より徒歩5分
西武 国分寺線・多摩湖線 国分寺駅より徒歩5分
TEL 042-329-8002