眼科

大人の眼科

大人の眼科
きれいなものをきれいに見る。きれいではないものもきれいに見る。見るという機能だけでなく、他の人がその方の眼を見た時に魅力的だと感じる眼科を目指しています。
視神経(ししんけい)とは
脳神経の1つで、視覚を司る神経です。
網膜剥離(もうまくはくり)とは
眼底には網膜という神経の膜があり、そこに穴があいたり水がたまったりして、剥がれてしまうことを言います。放置すると視力障害を起こします。早期の治療が必要となることが多いです。
眼底検査とは
眼の奥の状態を確認することです。糖尿病がある場合、糖尿病網膜症という出血を伴う変化がないか検査したり、また、高度近視ではまれに網膜剥離や出血を起こすことがあるので、眼底検査が必要になります。
視神経乳頭陷凹
視神経乳頭は眼底にある視神経の断面です。生理的に陥凹していますが、緑内障性の変化のひとつで陥凹の拡大が生じます。視野検査を行い、緑内障性の変化かどうかの判断をします。もし視野欠損があった場合、緑内障の治療を開始します。
目の病気
肩こりや頭痛、慢性的な疲労感も実は遠視の為であったり、眼瞼下垂が原因であったりすることがあります。ご年齢とともに眼の形が変わって来て、悩むことなど、見えにくいということだけでなく、様々な症状があります。ご相談下さい。
目がかすむ
ご年齢とともに多くなる症状ですが、白内障や緑内障など様々な原因があります。しかし、一番多いのは日本人の場合ドライアイなどの眼の表面の問題が多いです。ご相談下さい。
充血とは
眼の炎症が原因で起こる赤い変化です。原因は実に様々ですので、気になる場合はご相談下さい。
目が痛い
外傷などによる痛みではなく、急に痛くなった場合、一番怖い状態は緑内障発作です。眼の中の水の流れる道がふさがり、眼圧が急上昇します。この為激痛が起きます。早急に治療が必要です。
目がかゆい
アレルギー性結膜炎による症状が一番多いのですが、重症化すると春期カタルと言って非常に痛い状態になりますので、軽症なうちに治療をした方が良いです。
医療機関名 ひとみ眼科クリニック
医療機関所在地 185-0021
東京都国分寺市南町3-1-28-2F
アクセス JR 中央本線 国分寺駅より徒歩5分
西武 国分寺線・多摩湖線 国分寺駅より徒歩5分
TEL 042-329-8002